新築一戸建てや自由設計の注文住宅で72棟中70棟満足されるバァーナホーム。無料相談、見積りいたします。

  • WEBからの資料請求
  • バァーナホームに相談
バァーナホーム

注文住宅や新築のご相談は高槻のバァーナホームへ。「最高の我が家」と思っていただける間取りを作っていきます。

マイホームキット

バァーナホームが考えてきた家のあり方

知らなきゃ損! お得な学校

手記を書いたお客様より叱咤を頂きました。

いろいろな住宅

知恵を詰め込んだ家を見に来ませんか?

過去の施工事例を見る

1-15 1坪ってどれくらいの広さなの?

1坪って一体どれぐらいの広さなの?

家や土地の大きさを表すとき、建築業界では当たり前のように「坪」という言葉を使います。
広さを表す単位なのですが、急に「1坪」と言われても、一体どれぐらいの広さなのかわからない方も多いのではないでしょうか?

1坪は畳2枚分

1坪の広さを一番わかりやすく言うと、畳2枚分です。畳の大きさは、京間、江戸間、団地間など、地方や建物によって違うので、あくまでも目安なのですが、これさえ覚えておけば、大変便利です。
例えば、1階部分の面積が20坪だとすると、約40畳分の広さがあることになります。
ここに15畳のリビングを作ると、残りは25畳。10畳のダイニングキッチンと6畳の畳の部屋を据えると、25畳-10畳-6畳で、残りは9畳となります。

もう少し正確に言うと3.3㎡

もう少し正確に言えば、1坪は約3.3㎡です。
50坪を㎡に直すと、50坪×3.3=約165㎡となります。
逆に100㎡は、100㎡÷3.3=約30.3坪となります。

さらに正確に言うと1㎡は0.3025坪!

ここからは、ご参考までに。
さらに正確に言えば、1㎡は、0.3025坪を使用します。
1坪は1.818×1.818=3.305124㎡です。
これを逆算すると1㎡は1÷3.305124=0.3025・・・
建築業界で、坪を㎡に直したり、㎡を坪に直したりするときには、この一番正確な数字を使います。

先ほど、1坪=3.3㎡で換算した50坪を、この数字で換算し直してみます。
50坪÷0.3025=165.289256㎡ 小数以下の表示は2桁で行うのが一般的ですので、
165.29㎡×0.3025=50.000225坪
このように、厳密には微妙な誤差が生じます。
とはいえ、家を建てる際に、全体の広さを把握するには、ここまで厳密に計算する必要はないでしょう。

1坪は畳2枚分。1坪は約3.3㎡。の2つさえ覚えておけば、十分広さを感じることができるでしょう。

お名前
メールアドレス
ご相談内容

私達の全ての知恵を絞って、「最高な我が家」を一緒に考えます

totop