バァーナホームは、高槻でキッチンやトイレなどの内装リフォームや、耐震工事を通じて、お客様の幸せを守ります。

  • WEBからの資料請求
  • バァーナホームに相談
バァーナホーム

高槻で耐震工事を含むリフォームをお考えならバァーナホームへお気軽にご相談ください。

マイホームキット

バァーナホームが考えてきた家のあり方

知らなきゃ損! お得な学校

手記を書いたお客様より叱咤を頂きました。

いろいろな住宅

知恵を詰め込んだ家を見に来ませんか?

過去の施工事例を見る

家族のライフスタイルに合わせて、お家をリフォーム。
地震に備えて耐震リフォームもご用意しています。

住まいは、家族にとってかけがえのない大切な空間です。 家族のライフスタイルの変化に合わせて、
住まいもまた、より快適な空間へ生まれ変わらせていくことができたら 暮らしはもっと
豊かになるに違いありません。 時を重ねるごとにさらに素敵な時間と快適さを感じていただける。
そんな住まいをお客様と一緒に考え実現していきたい。 バァーナホームではそれぞれの
家族にとっての最適なプランをご提案します。

システムキッチン

メーカー クリナップ
シリーズ ラクエラ
タイプ コンフォート
スライドタイプ
カウンタートップ ステンレス
調理器 ガスコンロタイプ
レンジフード シロッコファン
水栓金具 オールインワン浄水器
金額 ¥698,000~

※設置可能かどうかの現地調査が
必要になります

※金額は商品+取付費+既設備処分費と
なっております

お風呂

メーカー ハウステック
シリーズ フェリテ
タイプ style M
1616
スマイルフロア
Jパネル
天井 フラット天井
(断熱仕様)
浴槽 FRP浴槽:選べる浴槽
金額 ¥598,000~

※設置可能かどうかの現地調査が
必要になります

※金額は商品+取付費+既設備処分費と
なっております

トイレ

メーカー パナソニック
シリーズ アラウーノ
タイプ タイプ S
金額 ¥198,000~

※設置可能かどうかの現地調査が必要に
なります

※金額は商品+取付費+既設備処分費と
なっております

洗面台

メーカー ハウステック
シリーズ QVシリーズ
タイプ 750
金額 ¥98,000~

※設置可能かどうかの現地調査が
必要になります

※金額は商品+取付費+既設備処分費と
なっております

お気に入りの新しいシステムキッチン。家事も楽しくなりますよね!
張り替えたお好みの健康クロスは、リビングに憩いの雰囲気を満たしてくれます。
気分一新で毎日の生活が嬉しくなるリフォーム!
これらのリフォームに比べて、すこし難しい工事になるのが「耐震リフォーム」です。
ただ単に、金物補強をしたり、筋交いや構造用合板で補強工事を行ったりでは、
期待した建物の強度を確保する事は難しいことなのです。
かえって建物の強さのバランスを崩してしまったのでは、
地震に対して弱くなってしまう事だってありえます。
「耐震リフォーム」の場合は、「信頼のおける、そして建物の構造に詳しい建築士さん」
を含めて、基礎や建物上部の構造の検討をなされるのがいいでしょう。

  • 重い屋根材は不安定

    重い屋根材は建物に負担がかかり、それを支える
    耐力が必要になります。
    軽量で丈夫な屋根材に取り替えることで
    10%~30%程度建物の強度を強くすることも
    可能です。 耐震診断をおこなわなくても、建物の
    強度UPを期待できる只ひとつの工事でしょうか。

  • 壁の補強:筋交い

    既存の壁の剛性を
    高めるには、外壁を外して外部から補強を行う
    方法と、室内側から補強する方法があります。
    筋交いをたすき状や
    シングルに設置して、接合部には、金物を使用
    して剛性を高めます。

  • 壁の補強:構造用合板

    構造用合板を規定の釘を使って、
    耐力壁にします。筋交いを設置した壁に、筋交い
    の上から取り付けることも
    あります。

  • 壁の補強:ブレース

    柱と横架材の接合部に金物を取付け、
    ブレースをかけ、耐力壁とします。

  •  壁の補強:外付け部材

    外壁の上から、ブレースや鋼材などを使用して、
    壁の補強をします。

  •  壁の補強:制震ダンパー

    柱と横架材の間に、制震ダンパーを設置して、
    地震動を制御します。
    制震は制振とも言います。耐震は地震力に
    対抗する工法ですが、制震は地震の震動を
    制御する工法です。 特別に構造計算を
    必要とします。

  • 壁の補強:制震ダンパー

    柱と横架材の間に、制震ダンパーを
    設置して、地震動を制御します。
    特別に構造計算を必要とします。

  • 接合部の補強

    古い住宅の場合、多く見られるのですが、
    接合部に金物が使われていなかったり、
    強度不足の場合、構造材の抜けを
    防ぐために、金物で補強します。

  • 床面の補強

    よく見落としがちなのが床面の補強
    でしょうか。上階と下階の耐力壁線が
    合っていない場合など、床面の補強が
    必要になります。
    横架材の接合部に金物を取り付けた後、
    ブレースを取り付けます。

  • 柱の足元補強

    地震動で柱が抜け落ちてしまわない
    ように、金物を取り付けて、柱を土台に
    しっかりと固定して、足元部分を強固に
    します。土台はアンカーボルトで基礎に
    固定されていなければなりません。

  • 柱の足元補強外付部材での補強

    ◆ 柱脚の引き抜け防止
    外付ホールダウン金物や炭素繊維などを
    使用して、柱脚の引き抜け防止をします。

  • 傷んだ部材の取り替え

    シロアリや湿気などで、柱や土台などが
    傷んだ場合は、その部分を取り替える
    ことができます。土台や地上1M 以下の
    部分には、防蟻処理を行うことも
    必要です。

  • 基礎の補強:コンクリート

    25年程前までの住宅には、現在の布基礎や
    ベタ基礎に比べて強度不足の無筋コンクリートの
    基礎が多くみられます。
    そういう基礎には、コンクリートや
    鉄筋コンクリートで基礎を一体化したり、基礎の
    側面に増し打ちして補強します。 基礎のクラック
    の補修には、専用の注入材を使用します。

  • 基礎の補強:炭素繊維

    基礎の立ち上り部に炭素繊維を用いて補強
    します。
    基礎のクラックの補修には、専用の注入材を
    使用します。

耐震工事で、地震への備えはバッチリ…と、
安心してしまいがちですが、地震への備えは、
普段の心がけも大切になってきます。
壁と金具をL字金具で止めたり、非常食を
用意するなど、積極的に日頃からの地震の備えに
取り組んでいきましょう。お家が無事なだけではなく、
住んでいる人が無事でいなければ意味がありません。バァーナホームは、耐震工事を通じて
お客様の幸せを守りたいと考えております。

お名前
メールアドレス
ご相談内容

私達の全ての知恵を絞って、「最高な我が家」を一緒に考えます

totop