新築一戸建てや自由設計の注文住宅で72棟中70棟満足されるバァーナホーム。無料相談、見積りいたします。

  • WEBからの資料請求
  • バァーナホームに相談
バァーナホーム

注文住宅や新築のご相談は高槻のバァーナホームへ。「最高の我が家」と思っていただける間取りを作っていきます。

マイホームキット

バァーナホームが考えてきた家のあり方

知らなきゃ損! お得な学校

手記を書いたお客様より叱咤を頂きました。

いろいろな住宅

知恵を詰め込んだ家を見に来ませんか?

過去の施工事例を見る

1-09 地震に一番強い工法って?

地震に一番強い工法って ・・・?

阪神大震災で、家が次々に倒壊してしまう様を目の当たりにしてからというもの、家を建てる時には、当たり前のように「耐震性」が語られるようになりました。
耐震偽装事件が発覚してからは、それまで耐震強度には無関心だった業者までも、声を大にして耐震性能を口にしています。
ハウスメーカーや工務店はそれぞれに、独自の耐震構造や耐震工法を開発し、地震に対する強さをアピールしています。
それでは、一体どの工法が一番地震に強いのでしょうか?

鉄骨と木造どちらが強い?

鉄骨造の家と木造の家、どちらが地震に強いと思いますか?
当たり前ですが、鉄骨造の家の柱は「鉄骨」、木造の家の柱は「木」です。
鉄骨と木、素材単体で比べると、鉄骨の方がずっと硬い。
でも、鉄骨造の方が地震に強いとは、一概に言えないのです。

例えば、鉄骨の柱1本の強度を10。木の柱1本の強度を5とします。
ある家をプランする時に、その家の全体の強度が100必要だとすると、鉄骨の柱10本、木の柱なら20本使用することで、同じ100の強度を確保することができるのです。

素材や工法には、それぞれに癖や特長があります。そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。
残念ながら今のところ、全てに万能な素材や工法はまだありません。

また、いくら地震に強い素材や工法であっても、その家に適した形で使用されていなければ、本来の強度を保つことはできません。
つまり素材や工法は、その単体の性能・機能を比較してもあまり意味がないのです。

じゃあどうやって選べばいいの?

素材そのものの強度や性能、また工法単体で比べても意味がないなら、一体どうやって選べばよいのでしょう。

担当者に聞いてみよう!

答えは簡単!素材や工法のことを、ある程度頭に入れた上で、担当者に、納得がいくまで説明してもらえばよいのです。素人にわかるように・・・・ね!

その工法の良さがどのように活かされているのか?
家全体の地震に対する強度を上げるために、どのような工夫をしているのか?
素材や工法の強度や性能だけに頼らずに、家全体のバランスを考えてプランしているなら、すぐに答えてくれるはずです。

耐震工法や素材の選択でも、重要なのは数値にばかり気を取られないこと!
数値と性能、そしてそれを生かすプラン、そのバランスが大切なのです。

お名前
メールアドレス
ご相談内容

私達の全ての知恵を絞って、「最高な我が家」を一緒に考えます

totop