大阪府高槻市・茨木市・など北摂地域で一戸建て住宅の新築や建て替えをご紹介。家を建てるなら1000万円台からの長期優良住宅。

  • WEBからの資料請求
  • バァーナホームに相談
バァーナホーム

紀州桧のムク材で、エコ住宅を超える高品質の紀州桧の家「優Q快適」。

手記を書いたお客様より叱咤を頂きました。

マイホームキット

バァーナホームが考えてきた家のあり方

知らなきゃ損! お得な学校

手記を書いたお客様より叱咤を頂きました。

いろいろな住宅

知恵を詰め込んだ家を見に来ませんか?

過去の施工事例を見る

良い家を安く建てるコツのTOP

   安くて良い家を建てたい


  土地が高い!狭い!
  日本一難しい”土地柄”だからこそ、
  より満足できる家に。

  
  大阪府高槻市、北摂地域は、狭小地が多く土地の値段も高い―。
  難しい土地柄だからこそ家づくりも悩みどころです。

  バァーナホームは、この地域で地元工務店として歩むこと約40年。
  優れた素材を使い、よりリーズナブルで安心できる家を数多く手掛けて参りました。
  当社の強みは、この土地の風土を誰よりも理解している。

  満足できる家づくりを叶える知恵やパイプがある。
  何より大工であることにあります。つまり、もともとは大手メーカーの下請け。
   
  作り手だからこそ解かる賢い家づくりの仕組みを、
  地元大工ならではのきめ細やかなサービスでお客様の満足につなげます。
  

わたしたちが守る


  バァーナホームの強みはここ! だから安くても、良い家を手にいれることが可能です!


  
  ★大工メイドだから…
   ・賢い家づくりの仕組みを誰よりも分かっている。
   ・中間マージンが無いから、大幅なコストカットができる。
   ・サービス、価格共にあれこれ融通が利く。
   ・建てた後のメンテナンスがきめ細やか。
   ・作り手だから知っている、お得な建て方を提案できる。
  
  ? さらなるポイント ?
   

  • ★コストカットで満足度アップ

    バァーナくんの説明


    自社制作の管理ソフトを使用し、人件費や材料費を徹底削減。
    また広告費などを最小限に抑えるよう、販促物等を手作りしています。
    ムダなコストを省き、お客様の満足にとことん反映させます。

  • ★共同一括仕入れでコストダウン

    喜びの女性


    ジャーブネット会員450社を対象に、建築資材や設備などの共同購入を実施。
    大量一括仕入れによるコストダウンで、有名メーカーの設備を低価格でご提供します。

  • ★長期優良住宅に強い

    楽しむ女性


    耐久・耐震・省エネ性に優れ、数世代にわたって暮らせる長期優良住宅を1,000万円台から販売。
    厳選素材、長年の技術で何世代と安心して暮らせる家をつくります。

  • ★火災保険料をお得に

    携帯をもった女性


    ジャープネットのネットワークを活かし、火災保険料をお得に。
    保険料を節約して、その分ワンランク上の設備や仕様を選ぶこともできます。


      ★バァーナホームは『子育て世代』を応援しています。
      ★おしゃれで、世界にひとつのオンリーワンの家づくりを応援しています。

   品確法を守って楽しい我が家 !

品格法をまもって上質な長期優良住宅を

   ★ こんな家が欲しかった!
     ・ 冬は暖かく 夏は涼しい! 省エネルギーの家を!だから…品確法!
     ・ 頭の良い子が育つ、環境にやさしい家を!だから…品確法!
     ・ 愛する家族にプレゼント、やすらぎの家を!だから…品確法!
     ・ おしゃれで、世界にひとつのオンリーワンの家づくり!だから…品確法!
     ・ 将来にわたって「家の財産価値」を守りつづけたい!だから…品確法!


   ■ 品確法の概要

  • 1 構造の安定

                   ・地震や風等の力が加わった時の建物全体の強さ (等級1~3等)

  • 2 火災時の安全

                   ・火災の早期発見のしやすさや建物の燃えにくさ (等級1~4)

  • 3 劣化の軽減

                   ・建物の劣化(木材の腐朽等)のしにくさ (等級1~3)

  • 4 維持管理への配慮

                   ・排水管・給水管・給湯管・ガス管の点検・清掃・補修のしやすさ (等級1~3)

  • 5 温熱環境

                   ・暖冷房時の省エネルギーの程度 (等級2~4)

  • 6 空気環境

                   ・内装材のホルムアルデヒド放射量の少なさ及び換気措置 (3項目)

  • 7 光・視環境

                   ・日照や採光を得る開口部面積の多さ (3項目)

  • 8 音環境

                   ・居室のサッシ等の遮音性能 (等級1~3)

  • 9 高齢者等への配慮

                   ・バリアフリーの程度 (等級1~5)

  • 10 防犯

                   ・開口部の侵入防止対策

  •  注 意

                   数値の低い等級より、高い方が評価は上になります。 (低い)等級1 → 等級5(高い)

!!さらなる 家づくりへの思い



昔から、家はその土地の気候風土に合った自然素材で造ることが理想とされてきました。

豊かな森林資源に恵まれた日本でいえば勿論木材にあたります。
高温多湿な日本の場合は腐朽菌が発生しやすく、シロアリによる被害が多く見られます。

このような環境の中で何十年何百年と行き続けてきた日本の木には、気候風土に対する防腐、防虫機能が備わっています。
加工されて木材となり、住宅に使われてからも効果は維持します。
また、国産材を使う事は水資源かん蓋機能(雨水を速やかに地中に浸透させ河川にゆっくり流す事で洪水や渇水を緩和する機能)や二酸化炭素吸収機能など、多くの公益的機能を持ち、森林の維持や管理にもつながっていきます。

バァーナホームは自然との共生を大事に、健康で安心、安全な住まい造りに取り組んでまいります。

★国産材について (紀州ひのき)



家の新築のときは構造材として国産の木材を使用したいと考えています。
土台・柱・間柱・筋交等・桧を使用したいのです。また、桧は日本と台湾にのみ存在します。
国産の桧は正直に言いますと高いのですが、耐久性があります。
一本の木は植えられて大きくなるまで数十年かかります。
また成長の過程でCO2を吸収して大きくなってくれます。
昔から人々は山・海・森・林・河川と共生してきました。これからもそうありたいと考えます。
 
また、私たちは、国内の林業の再生の一助になりたいとも思っています。
雇用の創出・土砂災害等の防止・CO2削減・地球温暖化による気候変動への対処などの
一助になりたいと考えます。

ムク(無垢)のひのき材は自然素材ですので、強度はいろいろ (E70以下~E130程度) あるのですが、
紀州ひのき などは強度検査を行うとE110程度が一番多いのです。
使用する材を選べば全然問題はないと思います。

長期優良住宅でも、ひのき ひば などの樹種は、特別に薬剤処理をほどこさなくても
使用できるほど 耐久性を持った木材ですので安心して使用できるでしょう。
 
国産の間伐材等を利用した集成材なども積極的に使用していきたいとも思っています。
  
集成材を嫌っているわけではありません。
集成材は近年著しくよくなっています。
集成材は工業製品ですから、強度等も計算して作られていますから非常に安定しています。
でも一部の人で無垢の桧などより集成材が強いという人もいらしゃいますが、
それは少し、言葉たらずではないのかな…?と思ったりもします。

★M・尺モジュールについて



建築を計画するときに1間の長さを決めるのですが、いろいろあります。
関東間1間柱芯距離6尺(約1,820mm)
関西間1間柱芯距離6尺3寸(約1,910mm)
京間1間柱芯距離6尺5寸(約1,970mm)
メーターモジュール1間柱芯距離柱芯距離(2,000mm)

諸説ありますが ほぼ上記の寸法です。


建築する面積にくらべ割安な費用でできるメーターモジュールをお薦めしています。
昔は尺用の資材に比べ、メーター用の資材が入手しづらくて困ったのですが、
この頃は構造材・外壁材・内装用の資材など、メーター用の資材も普通にでまわっていますし
端材も少なくて、廃棄物の発生などをおさえられます。最近の日本人の体格にもよく合います。

メーターモジュールの8畳の部屋は16㎡、 関東間では13.25㎡、およそ20%広いのです。
廊下やトイレなど狭い場所ではゆとりが十分に感じられ、満足感を倍増するでしょう。
住宅密集地などでは、プランしづらい部分もありますが一考の価値はあると思います。

但し、島本・高槻・茨木・吹田・箕面など北摂の各市町村や京都南部・大阪北部の市街地で、既存住宅のお建て替えや、新築をお考えでしたら、尺モジュールでプランのご検討を、なされることも、お薦めしています。

敷地の状況によっては、Mモジュールや尺モジュールのみにこだわらず、特殊なモジュールを組み合わせることで、快適な空間をもつ、すてきなプランの住宅を建てる事も可能になります。

  バァーナホーム は 『省エネルギー住宅 Q値1の家』 を目指しています。

地球温暖化が叫ばれはじめて、多くの時間がすぎていきました。
田舎に帰省したら、必ず体験できる夏の過ごし方。
夏の暑い日であっても、縁側に寝転びながら、ぼんやりと風鈴を聞く幸せをおもいだします。
昔からの知恵である、打ち水、通風、木陰の確保などなどで涼しくすごせたらどんなに快適でしょうか。

でも、
窓をあければ、そこにはお隣さんのお家があったり、又、エアコンの室外機の熱風が路地越しに
我が家に襲いかかったり、我が家の室外機の熱風もまたお隣さんに迷惑をかけてしまったり
人口密集地の大阪にすんでいる私たちにとって、夏の過ごし方はとても大変です。

ほとんどエアコンに頼らざるを得ない大阪、資源の少ない日本、そこに住んでいて住宅建築に関わる
私たちにとって、「何ができて、何ができないのか。」


”CO2の排出量を少なくして、環境への負荷を減らし、家計にも優しい家を! ”
”無理なく建築して頂けるように、リーズナブルな価格を実現するための、あらゆる工夫を! ”



むやみに断熱材を増やすと言うだけでは、今までよりは、良くなったと言うにすぎませんし、過大に
コストをかけてお客様に負担をかけるだけに成ってしまうので、どうすべきか・・・・

エコと性能の両方を兼ね備えた万能選手”ゆとり”(長期優良住宅)をベースに、断熱の性能を高め、
少ない消費電力で快適な室内環境を保つ住宅をと、工夫と改良を重ねました。

遮熱性能をどうするのか・・・・ 断熱の性能をどこまで良くするのか・・・・

品格法でさだめられている温熱環境のランクを決める指標のひとつに Q値(熱損失係数)があります。
室内の熱が外部へと逃げる量を数値化したものです。

この数値がわかれば、毎月の電気料金まで、あらかじめ計算できる、とても便利な数字です。

Q値計算自体は、さほど難しいものではないのですが、プランを変更するたびに、計算をやり直さなけ
ればならないので、計算には多くの手間が掛かる事になります。

室内の温度(熱量)が天井・壁や窓・床より屋外へと逃げる量を計算で数値として求めます。
建物の形や使う材料、窓の面積やガラスの種類や数、断熱材の種類や厚みなどを各部位毎に計算して求めるのです。

手計算でも可能なのですが、大変な作業になります。
ひとつのプランでも、いろいろと、検討する毎に計算を行う事になりますので、計算間違いを避けるためと、

素早く計算を行えるように、Q値計算とエネルギー使用量のシュミレーション、太陽光発電量のシュミレー
ションが可能なソフトの開発からはじめました。


このソフトのおかげで、30分程度の時間で、正確なQ値を把握した上でプランを進めることが出来るよう
になりましたし、さまざまなシュミレーションが可能になり、過不足を無くして必要な断熱工事をすること
で、リーズナブルな価格でも、安心安全で良質な建物を自信を持って提供する事ができるようになりました。

私たちは、こうして出来上がった、次世代省エネルギー基準(平成11年)を超える、省エネルギー住宅を
「 優Q快適 」と名付けました。( 優Q快適は全て長期優良住宅です )


「 優Q快適 」の研究中には、いろいろな発見がありました。

Q値(熱損失係数)やμ値(日射取得係数)に表される数値も、もちろん大事ですが、それ以外にも省エネ・
環境との共生にとって、大事なことは、まだまだ、たくさんあるって事にも気づきました。
これからも私たちは、もっともっと、前をむいて進んでいかなければならないと考えています。

お名前
メールアドレス
ご相談内容

高槻市/茨木市/吹田市/摂津市/三島郡島本町/箕面市
池田市/豊中市/枚方市/交野市/寝屋川市/四条畷市
豊能町/大阪府北部

長岡京市/向日市/亀岡市/乙訓郡大山崎町/八幡市
久世郡久御山町/京田辺市/京都府南部

私達の全ての知恵を絞って、「最高な我が家」を一緒に考えます

totop